土地活用

土地活用

土地は所有しているだけでは価値を生みません。それぞれの土地や周辺状況を正確に判断し、正しい知識をもとに、資産をより価値あるものにする「土地活用方法」をご紹介します。

1.貸す

貸す

定期借地
定期借地権は平成4年8月1日新借地借家法により施行されました。この法律制定により「土地を貸したら半永久的に返ってこない」という心配がなくなり、安心して土地を貸せるようになりました。
駐車場経営
一口に「駐車場」と言っても様々な種類があり、周辺環境や面積、地形等も含めて最適な運用方法を検討することが大切です。

2.建てて貸す

建てて貸す

アパート・マンション経営
超低金利下の昨今、アパートやマンションの賃貸住宅経営は有力な投資対象として注目されています。
オフィスビル経営
賃貸経営という意味ではアパートやマンションと同じですが、オフィスビルは建築コストや賃料収入、管理費などのランニングコストが大きく違ってきます。
ロードサイド店舗運営
幹線道路など交通量の多い道路に面した「ロードサイド」の土地であれば、コンビニやファミリーレストランはもちろん、駐車場付きの大型店舗を誘致することも可能です。

3.売る

売る

土地売却
現状のままでは活用が難しいと判断される場合、売却して現金化し、その現金の使途をあらためて検討することも立派な活用法の一つです。
等価交換
土地に建物を建てた上で、売却する方法です。ただし、建物の建築資金を用意する必要はありません。「有効活用できる土地だが、リスクをとるのが不安」という方に向いています。

最適な土地活用で安定した収益確保

このように土地活用には様々な方法があります。不景気、高齢化社会、年金不安など、多種多様な不安要素が広まる中、こうした土地の有効活用は長期的に安定した資金が得られる確かな方法の一つです。

土地の活用方法でお悩みをお持ちの方は是非お気軽にご相談ください。

お問い合わせ

Copyright © 2017 株式会社サートンホーム 不動産事業部 All Rights Reserved.